50代のサラリーマンも個人事業主も、いますぐ「稼ぐ力」を手に入れよう!

50代のサラリーマンも個人事業主も、いますぐ「稼ぐ力」を手に入れよう!

僕はいま、30代ですが、個人事業主のため、会社にも、年金にも、頼らず生きていかなければなりません。

ということで、先日、この本を読んでみました。

50代からの「稼ぐ力」

僕は50代ではないので、この本のターゲットではありませんが、僕たち個人事業主にとっては、会社にも年金にも頼れないんで、サラリーマンの50代の人たちと同じなんです。

「稼ぐ力」がなくちゃ、生きていけないんです。

本当に「稼ぐ力」を手に入れたきゃ、“独立をする”っていうのもひとつの手ではあります。なぜなら、独立すると、否が応でも稼がなきゃならなくなりますんです。

さて、それはいいとして、この本で刺さったポイントをご紹介します。

  • 50代以下の人たちは、下流老人や老後破産に追い込まれかねない
  • 2040年には、3人に1人が65歳以上になる(超高齢化社会)
  • 今後、”老後”は無くなり、誰もが働き続けなくてならなくなる
  • かなりの仕事がAIやロボットに取って代わられる
  • 仮説思考とリーダーシップ、構想力を磨いておく必要がある
  • 稼ぐ力は、40代までに身につけておく必要がある
  • 明確なライフプランを定めておく
  • 新しいビジネスを起業する、チャレンジする

この本は、現在50代のサラリーマン向けに書かれた本ですが、30代の個人事業主の私にもむちゃくちゃ当てはまりました。

我々個人事業主も、新しいビジネスモデルを生み出し続ける必要があります。で、大前さん曰く、新しいビジネスモデルを生み出す方法は以下の通りです。

では、新しいビジネスモデルを生み出す発想力や創造力は、どうすれば身につけることができるのか?
その方法は、事業を何か1つ選び、自分だったらそれにどんな付加価値をつけて金を稼ぐか、と考えて思考を膨らませる癖をつけることだ。

新しいビジネスモデルのアイデアは、考え続ける癖がないと出てきません。日々の思考の癖付けを頑張ろう。

また、新しいビジネスモデルを考えるのは、休日がよい。会社から帰ってきてくたびれている時は思考力が鈍っているので、やめたほうが賢明だ。

疲れているときは思考力が鈍ります。あと、寝不足の時も、頭が働きません。(以前、このブログでもご紹介しました。→「スタンフォード式疲れない体」を読んで分かった8つの健康改善策

ということで、いま、50代以下の人たちは、残念ながら逃げ切れませんので、いまから「稼ぐ力」を養いましょう。

今日ご紹介した本

以上、ご参考まで。

当ブログを読んでいただきまして、誠にありがとうございます。このブログが、少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。また、もし少しでも共感することがありましたら、また読んでいただければ幸いです。私も、読んでくれる方が多くなると、ブログを更新するモチベーションにも繋がりますm(__)m

この記事を書いている人のプロフィールはこちら → 川口浩治プロフィール
書いた本はこちら → 書いた本


また、ソーシャルメディアでも情報配信させて頂いております。以下のボタンにてフォローいただければ最新情報をご確認いただけます。

最新のYoutube動画です。

Youtube動画の最新情報のご確認は、以下のボタンにてチャンネル登録いただければと思います。

【スポンサードリンク】


コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)