コミュニケーション齟齬はコストがかかる。じゃあ、どうすべきか?

image

僕は現在、組織に頼らない生き方をして7年目となりますが、1つだけ、地域のNPO法人には所属しています。(しかも、なぜか理事をやっていたりします。)

で、NPO法人も組織なので、会社のようなコミュニケーションが必要となります。(まぁ、当たり前ですね。)

2人以上集まると、コミュニケーションミスが発生する

ただ、人が複数集まると、必ずと言っていいほど、コミュニケーションミスが発生します。

  • 会議で決まったことが、当事者には伝わっていなかった。
  • 人によっては解釈が違っていて、微妙なニュアンスが違っていた。
  • 自分の利害が背景にある場合は、自分の都合の良いように解釈されていた。

このようなことは、多かれ少なかれ、どんな会社でも起こっていると思います。

で、一度決まったと思っていたことについて、相手との認識が違うと、ものすごいコストが発生します。僕が所属しているNPO法人もよく発生していますw

コミュニケーション齟齬(そご)を無くすためには?

※齟齬とは、ネットで言葉の意味を調べると、以下の通りです。

物事がくいちがって、意図した通りに進まないこと。また、そのくいちがい。

そう、「物事がくいちがって、意図した通りに進まない」

これが当事者は、とてもストレスになるんですよね!

で、もう一度、認識合わせをして、関係者に決定事項を改めて伝えて。っと、一度で決まっていたことをもう一度やり直す。会社だったら、労力とコストと無駄遣いです。

で、このようなコミュニケーション齟齬を無くすには、

会議で決まったことは議事録に残す
会話ではなく、メールで連絡する

社会人1年目で習う基本的なことですが、これがまず重要です。エビデンスを残す!っていうやつです。

コミュニケーション齟齬を起こしやすそうな人は要チェック

ただ、議事録を見ていなかったり、忘れていたり、確認しなかったりと、中には、コミュニケーション齟齬を発生させやすい人がいます。

こういう人は曲者です。

だから、事前にコミュニケーション齟齬を起こさないコツとしては、要チェックな人には、何度も伝える行動される前に確認するもう、これにつきます。

時には「ちゃんとしてよ。」って思うこともあるかと思いますが、これは、人の性格であったり、仕事の姿勢などに影響することが多く、ある意味、どうしようもありません。(他人を変えるのは不可能なのです。

で、重要なことは、自分自身がコミュニケーション齟齬の原因にならないように気を付けること。明日は我が身ですので、気をつけましょう

いま読んでる本

ショールームの前田さんが書いたメモの魔力。編集は箕輪さん。このお二人が作った本、やっぱり面白いです。このブログで別にレビューしますね。

当ブログを読んでいただきまして、誠にありがとうございます。このブログが、少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。また、もし少しでも共感することがありましたら、また読んでいただければ幸いです。私も、読んでくれる方が多くなると、ブログを更新するモチベーションにも繋がりますm(__)m

この記事を書いている人のプロフィールはこちら → 川口浩治プロフィール
書いた本はこちら → 書いた本


また、ソーシャルメディアでも情報配信させて頂いております。以下のボタンにてフォローいただければ最新情報をご確認いただけます。





【運営者提供サービスのご案内】

【PR】電子書籍出版代行サービス(紙本出版可)

【スポンサードリンク】


コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)