図書館に傘を置いておいたら、盗まれました…

いやー、これは回避不可能でした。(注意:いまから小さい話をします。)

先日、買ったばかりの傘を盗まれました。

盗まれた傘はこれです↓

ほんと、この状況で持っていくかね…

先日、雨が降っている日、図書館に出かけたのですが、傘立ては、図書館の自動ドアの外に置いてあったのですね。

image

傘立てには、すでに何本かの傘が立てられていました。

「買ったばかりだし、盗まれたり、間違って持っていかれたら嫌だなー。」と思って、下の図の場所に置いておいたのです。

image

つまり、僕の新品の傘(←重要)は、傘立てには入れずに、ドアの近くに立てかけておいたのです。

まさか、これで持っていかれるとは!

僕の傘は、傘立ての中に入っているんじゃないから、まず、持って行った人は、間違って持っていったって可能性はないでしょ。

つまり、図書館を使っていたどっかの奴が、

「あ、雨降ってるよ!最悪だな…。あっ、こんなところに良い傘が…、この傘盗んじゃお。」

って、持って行った可能性しかないんですよ。

あのー、犯罪ですからね。

たかが傘一本でも。窃盗ですからね。

ちなみに、窃盗罪って、刑法で、10年以下の懲役か、50万円以下の罰金ですからね。(もちろん、傘を盗んだくらいで刑事罰を受けることはほとんどないようですけどね!)

いやー、ほんと、腹立つわ。

犯人には、僕が図書館から出るときのことを想像してほしいですね。(新しい傘がなくなって、雨に濡れて帰った僕のことを考えろよ。なんで、傘を持ってきてた俺が、雨に濡れて帰らなきゃいけねーんだよ。バカかよ…。)

傘を盗まれるって、誰もが一度は経験したことがあると思うんですけど、ほんと腹立ちますよね。

図書館に濡れた傘を持っていくわけにはいかなかったし、よくある傘を入れる用のビニールの袋も置いてなかったし…。

そして、一番の誤算は、わざわざ傘立てからはずしたところに置いておいた傘が無くなるとは…、完全に確信犯ジャン!。

いやー、ほんと、傘を盗まれたあとは、なんとも言えない、やり場のない怒りを感じますよね。

当ブログを読んでいただきまして、誠にありがとうございます。このブログが、少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。また、もし少しでも共感することがありましたら、また読んでいただければ幸いです。私も、読んでくれる方が多くなると、ブログを更新するモチベーションにも繋がりますm(__)m

この記事を書いている人のプロフィールはこちら → 川口浩治プロフィール
書いた本はこちら → 書いた本


また、ソーシャルメディアでも情報配信させて頂いております。以下のボタンにてフォローいただければ最新情報をご確認いただけます。





【運営者提供サービスのご案内】

電子書籍出版代行サービスバナー
オウンドメディア構築サービスバナー画像

【スポンサードリンク】


図書館に傘を置いておいたら、盗まれました…」への2件のフィードバック

  1. archscanty

    私は同じことがコンビニでありました。ちっちゃいことかもしれませんが腹が立ちました。

    返信
    1. 川口浩治 投稿作成者

      たとえ、コンビニの外で傘盗んでも、コンビニで万引きすることと同じ窃盗ですからね!ほんと腹立ちますよね!
      お気持ちわかります。ありがとうございますw

      返信

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)