群馬県太田市のふるさと納税が、本気を出してきた件について

皆さん、ふるさと納税してますか?

実は、とうとう、ふるさと納税で、車が手に入るようになったので、そのご案内です。

追記:残念ながら、こちらでご紹介しているふるさと納税の取り組みは取り止めになってしまいました。 →
残念…太田市ふるさと納税返礼品のクルマ提供はなくなってしまったようです

太田市のふるさと納税の御礼品は、なんと車です

ふるさと納税については、こちらのエントリで詳しく書いたのですが、今日は、僕の現在住んでいる群馬県太田市がすごいふるさと納税をやりはじめましたので、ネタとしてご紹介します。

ちなみに、これまでの太田市のふるさと納税は、2万円以上の寄付で、ビール2本という超しょぼい御礼品だったのですが、先日こんなニュースがありました。

群馬県太田市は、ふるさと納税の返礼品として市内に製造拠点がある富士重工業のスバルブランドの乗用車を贈る。清水聖義市長は17日の記者会見で、「子供に車を買ってあげようという人は、太田市にふるさと納税をしてほしい」と話した。
 スバル車が返礼品になるのは、寄付額が数百万円以上の場合となる見通し。ふるさと納税に関しては限られた財源を自治体間で取り合っているとの批判があるため、財政基盤が厚く、富裕層も多い東京都や政令指定都市の住民に限って受け入れる方針だ。今年10月をめどに開始する。
参照:群馬・太田市、ふるさと納税の返礼品にスバル車

おお、清水市長(※太田市の市長のお名前)、まじですか!

そう言えば、以前市長のツイッターで、ふるさと納税についてのお願いをしたら、こんな発言をされていたので、気になっていたのですが、まさか、乗用車とは(笑)。

市長のツイッターの発言の通り、車は富裕層が多い東京都や政令指定都市の住民限定のようです
ちなみに、もらえる車は、スバルのレヴォーグやBRZを想定されているようです。

レヴォーグ
レヴォーグ

BRZ
BRZ

いやー、超いいじゃないですかー!

だって、ふるさと納税は、2,000円以上は、全額所得税と住民税から控除されるから、実質負担2,000円で、この車が手に入るとしたら、もう最高じゃないですかー。

ただし、以前こちらのエントリーで書いたとおり、控除できる金額は所得によって上限が決まっています。そのため、この車をゲットするための寄付額は、300~400万円と言われていますので、その寄付が上限となる方の所得を見ると・・・、

ふるさと納税した場合の控除額の表

※引用:全額(※)控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安

念のため、拡大すると…、

ふるさと納税した場合の控除額の表(拡大)

はい、大体、8,000万円以上の所得が必要ですね(笑)

ふるさと納税の施策としては面白い

まあ、8,000万円以上の所得がある人はなかなかいないので、全額控除はかなりハードルが高いですが、市の施策としては、結構面白いと思います

なぜなら、どこかのお金持ち一人(※東京都や政令都市限定かも)が、太田市に8,000万円規模の納税してくれれば、市としてはかなり嬉しいことで、一気に税収UPできます。(また、そのお金持ちの方は、あちこちと全国のふるさと納税場所を選定したり、申請したりする手間も省けて、たった2,000円で新車が手に入ります!

ちなみに、これまでの太田市のふるさと納税の実績は、以下の表に記載のとおりで、7年間の合計で、約7,100万円なので、もし、このふるさと納税をしてくれるお金持ちがいれば、この一発納税で、過去7年分をふるさと納税の額を上回る可能性があるという代物です

太田市のふるさと納税実績値

また、300万円~400万円の全額控除が難しい場合(ほとんどの方は、所得が8,000万円も無いので)でも、新車を合法的に割り引いて買うという新しい割引術も考えられるかもしれません。実際には、800万円くらいの所得の方であれば、10万円以上の控除ができますので、ある意味、新車を割引いて買えます。(ただし、あくまでの御礼品の車種しか選べませんので、どうしてもスバル車が欲しいという方向けですが(笑)

まぁ、現実的には、お金持ちの方向けの施策ですが、太田市にふるさと納税して車をゲットする方が出てくるかもしれませんね。車が欲しい方は太田市へのふるさと納税も考えてみてください。ご参考まで。

当ブログを読んでいただきまして、誠にありがとうございます。このブログが、少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。また、もし少しでも共感することがありましたら、また読んでいただければ幸いです。私も、読んでくれる方が多くなると、ブログを更新するモチベーションにも繋がりますm(__)m

この記事を書いている人のプロフィールはこちら → 川口浩治プロフィール
書いた本はこちら → 書いた本


また、ソーシャルメディアでも情報配信させて頂いております。以下のボタンにてフォローいただければ最新情報をご確認いただけます。





【運営者提供サービスのご案内】

電子書籍出版代行サービス
オウンドメディア構築サービス

【スポンサードリンク】



コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)