当ブログへの同時アクセス数が2000を超えました!(本人もびっくりです)

いやー、久しぶりに興奮しました。

なぜなら、昨日書いた記事がむちゃくちゃバズったからです。アナリティクス画面を見ていて、すこし、恐怖すら覚えましたw(いまは、アクセス自体は少し落ち着きました。サーバーがダウンしなくてよかった。)

※同時アクセス数の画面キャプチャ
pic_analytics4

ちなみに、昨日書いた記事はこちらです → Windows10へのアップグレードが強制的になっている件とそのキャンセル方法

アクセス増加までの流れを共有させていただきます。

昨日、とりあえず、Windows10の強制アップグレードの件についての記事を書いて、アップロードしたのですが…

記事を投稿したとたんに、すぐにアクセスが。

pic_analytics

おぉ、やはり、キャッチでタイムリーな話題のため、アクセスが一気に増加しました。(お昼過ぎに投下したため、その後、同時アクセス数は、100~200程度を行ったり来たり。)

pic_analytics2

夜になるとアクセスが一気に増加

ただ、夜になってくると、状況が一気に変わります。おそらく、みなさんが、夜、会社から帰宅して、パソコンを開けた時に、恐怖のスケジューリングを見つけたのでしょうかw。

一気にアクセスが増加!

image

ずん。

image

ずんずん。

image

ずんずんずん。

image

あぁ、とうとう同時アクセス数が4ケタに!(僕自身、初めての経験です。そして、サーバが心配…。503エラー出た方いましたかね?)

1000アクセスを超えてからもまだまだ勢いが止まりません。

このまま1200台。

image

ぐんぐん伸びて、1500台。(画面キャプチャを取るのも勢いがすごくて間に合いません。)

image

1800台。

image

そして、とうとう2000突破!

image

このまま、どんどんアクセスが増加し続けて、僕が最後に見たのは、冒頭でご覧いただいた2251アクセスまででした。(この時点でキャプチャ画像を取るのがめんどくさくなり、その後は取っていません。)

今回、記事がバズった理由

おそらく、この当たりが今回バズれた理由だと思います。(マーケター視点にて。)

該当する方が多く存在したため

Windowsユーザーは非常に多く、本件に関する興味・関心があり、困っている人はむちゃくちゃ多くいました。(会社のパソコンがWindowsという方も多いです。)そのため、多くの方にリーチしやすい内容でした。

避けたいことであり、切迫感があったため

今回のWindows10への強制移行は、人によっては避けたいことです。たとえば、スペックが低くてアップグレードしたくない人も多くいますし、周辺機器や現在使っているソフトがWindows10で本当に使えるかを心配に思っている人も多くいます。(特に会社のパソコンとかが勝手にアップグレードされたら笑えません…。)

はい、この方々の言う通りです。

また、同時に、今回の件は、緊急性がありました。勝手に3日後にアップグレードされてしまうって、ホント、すごく怖いことです。(月曜日に会社行ったら、勝手にパソコンがWindows10にアップグレードされていたらパニックです。そういう方、結構多そうですが…。)

その他、内容とかタイミングとかいろいろ

他にも、記事内容の共感を得られたり、具体的な取り消し方を画像を含めて丁寧に書くことができたりしたので、数多くの方にシェアいただきました。(ありがとうございました。)

そして、たぶん、これが一番の理由だと思うのですが、今回のMSの対応が、あまりにも顧客を無視し過ぎて、ガチで、ユーザーの反感を買ったからだと思います

ただ、何はともあれ、僕としては、今回、炎上マーケティングではなく、おそらく役に立つ(であろう)記事でバズれたことはマーケター冥利に尽きます。また、本件に関しましては、もう少し分析して、僕が書いているWEBマーケティング関連のブログでもご紹介させていただきます。

とりあえず、久しぶりに興奮しましたので、こちらで情報共有させていただきました。

以上、ご参考まで。

当ブログを読んでいただきまして、誠にありがとうございます。このブログが、少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。また、もし少しでも共感することがありましたら、また読んでいただければ幸いです。私も、読んでくれる方が多くなると、ブログを更新するモチベーションにも繋がりますm(__)m

この記事を書いている人のプロフィールはこちら → 川口浩治プロフィール
書いた本はこちら → 書いた本


また、ソーシャルメディアでも情報配信させて頂いております。以下のボタンにてフォローいただければ最新情報をご確認いただけます。





【運営者提供サービスのご案内】

電子書籍出版代行サービスバナー
オウンドメディア構築サービスバナー画像

【スポンサードリンク】


コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)