ベイシア電器からウォーターサーバーの営業電話がかかってきた件について

うーん…、これはどうなんでしょうかね。

実は昨年、ベイシア電器で電化製品を購入したんです。たしか、冷蔵庫と洗濯機だったかな。(購入金額は18万円近くです。)

そして、本日、購入したベイシア電器さんから、突然携帯電話にかかってきたんですが、あんまり好きでない営業方法だったんでご紹介します。

話の導入はこんな感じ↓

電話営業担当者:「いつもお世話になります。ベイシア電器の○○です。」

電話営業担当者:「昨年は、こちらの電気店でのご購入ありがとうございました。」

電話営業担当者:「ご購入された電化製品の調子はどうですか?」

電話営業担当者:「設置の際には不手際はありましたか?」

・・・と、購入した電化製品の調子を聞いてくるアフターフォローの話でした。

僕は、購入後の電化製品の様子を聞いてくれるなんて、なんて、いいお店なんだと、話をしていたんですが…、途中から話が変わり、

電話営業担当者:「実は今、弊社から電化製品を購入してくれた○○地域の方向けに、特別にウォーターサーバーを永年無料でレンタルさせていただいております。

(ん?なんで急にウォーターサーバー?)と思ったが、電話担当者は、そのまま流暢な口で、

電話営業担当者:「○○水のきれいな水を、ウォーターサーバーの設置料金は無料、サーバー自体も永年無料でお飲みいただけます。

そして、僕は、この時点で気づくことになりあす。

…あ、これは!?新手の営業だ!!!

で、話の流れとしては、「お水の心配はございませんか?」とか、「みなさん喜ばれています。」などと、特典サービスのウォーターサーバーの話をつらつらとされて、最後に、

電話営業担当者:「と、いうわけで、お住まいの地域のみなさまにも喜ばれておりますし、お客様には、ウォーターサーバーを永年無料でお使いいただけるので、ご利用されるということでよろしいでしょうか?」

という話に…。

「いやいや、よろしくないわ!!!」

結局はアフターサービスを装ったウォーターサーバの新規契約

すぐに電話でお断りを伝えたあとは、お決まりの応酬話法モードに。

電話営業担当者:「いまお話しさせていただきました内容について、お客様が断る理由はどのようなことになりますでしょうか?」

…うーん、これは長くなるな。めんどくさいな。と思ったので、

「申し訳ないですが、断りの理由とかではなく、こちらの結論だけ言わせてもらうと、ウォーターサーバは必要ないです!」と、キッパリ、改めてお断りさせていただきました。

※ちなみに、少し気になったのでウォーターサーバのメーカーを聞いたところ、プレミアムウォーターさんでした。

お年寄りだとよく分からずに契約しちゃうかも…

非常に流暢な口調で応酬話法が確立されていて、且つ、以前自分が購入したことがあるお店からの電話ですので、もしかしたら、お年寄りとかだと、ほいほい契約しちゃうかもしれません。(また、今回、電話では全ての契約内容を把握するのはできませんでしたが、ビジネス上、全て無料で万々歳!というのはありえません。)

最後に、僕が思うに、これは、いますぐにやめた方がいい営業方法だと思います。(会社のやお店の信頼をなくして、後々問題になるパターンです。そして、なにより、営業された側としては、あなたのお店からモノを買おうとする意欲がなくなり、この電話がなければ、普通に買い物をしてくれたはずのお客さんまでを逃してしまいます。少なくとも僕は、あまりいい気はしませんでした。)

ウォーターサーバーが欲しくて欲しくてたまらなかったお客さんにはいいかもしれませんが、話の流れで契約してしまったお客さんは、あとから不愉快な気持ちになる可能性が高いかもしれません。(というわけで、皆さんもお気を付けください。)

以上、ご参考まで。

当ブログを読んでいただきまして、誠にありがとうございます。このブログが、少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。また、もし少しでも共感することがありましたら、また読んでいただければ幸いです。私も、読んでくれる方が多くなると、ブログを更新するモチベーションにも繋がりますm(__)m

この記事を書いている人のプロフィールはこちら → 川口浩治プロフィール
書いた本はこちら → 書いた本


また、ソーシャルメディアでも情報配信させて頂いております。以下のボタンにてフォローいただければ最新情報をご確認いただけます。





【運営者提供サービスのご案内】

電子書籍出版代行サービスバナー
オウンドメディア構築サービスバナー画像

【スポンサードリンク】


コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)