【情報更新中】大泉町から外国人が太田市内を逃亡中!戸締りをしっかりして気を付けてください(追記あり)

今日散歩で外にでてみたら、見慣れぬヘリコプターがブンブン旋回していました。

何ごと?と思って、いろいろと検索してみたら、太田市で外国人が逃亡中のようです。

恐ろしい。

逃亡中の外国人の特徴は、

逃走した男は年齢30歳くらい、身長160センチほど。上半身裸で、左胸に入れ墨があり、黒色ズボンを履いていた。裸足だが、片方の手首に手錠が掛かっている

とのこと。

ちなみに、こんな情報もありました。

また、大泉から逃走するとき、車に一緒に乗っていた女性3人もいなくなってしまったとのことです。

※今現在、どれが正しいかはわかりませんので、近隣の皆様は戸締りなどをしっかりして、気を付けてくださいね。

※追記:群馬県警からの情報は、以下のツイッターで見れることができるようです。

※でも、2017年8月31日現在、フォロワーが2000未満って、少なすぎませんかね…。お隣の埼玉県警のフォロワーは、40,000人超えてます。

追記:9月1日現在、未だ見つからず、指名手配へ

騒動から一夜明けましたが、結局まだ逃亡した外国人はまだ見つかっていないようです。


参照:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170901/k10011121581000.html

男の特徴が詳しくわかりましたので、ここでもUPしておきます。

公務執行妨害の疑いで指名手配されたのは、ベトナム国籍で住所、職業不詳のグエン・バン・ハイ容疑者(31)です。

※追記:顔写真も公開されておりました。

pic02
参照:http://www.sankei.com/affairs/news/170901/afr1709010003-n1.html

9月1日現在、状況はこんな感じです。

警察によりますと、グエン容疑者は、身長が1メートル66センチ、左の上腕部に入れ墨があり、車の中ではベトナム人の女性3人と一緒にいたということです。
これまでの調べで、大泉町の逃走現場の周辺にある防犯カメラにグエン容疑者の姿は写っていないということで、警察は、逃走現場の近くで誰かにかくまわれている可能性もあると見て、住宅やマンションの部屋を回って男の行方を捜査しています。

一方、31日夕方、大泉町に隣接する太田市矢場新町にある団地の入り口付近で、上半身が裸の似ている男が座っているという目撃情報が寄せられ、団地の周辺でも捜索を進めています。
しかし、逃走から20時間余りたった今も見つかっておらず、警察は、1日も捜査員170人態勢で捜索を続けることにしています。

引き続き、付近の方は警戒しましょう。

一部のネット情報では、現在は立てこもっていて、警察が説得中というような情報もありましたが、どうやらガセのようで、本当は今現在、どこにいるかも分かっていないっぽいです。(そのため、現在、警察170名体制で操作中。)

今日から学校も始まるので、不安の親御さんもいらっしゃると思いますが、引き続き、気を付けていきましょう。

以上、ご参考まで。

新しい情報です。(2017.9.1 19:30)頑張れ!群馬県警


参照:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170901-00000069-nnn-soci

警察総勢170人で捜索していて、且つ、指名手配になったのに見つからないグエン容疑者。(なんか、すげーリラックスしてるし!)。そして、日テレに情報提供して、こんなことを言っているグエンを知る人物。

この人物は、事件前からグエン容疑者と一緒に暮らしていて、事件後の先月31日夜になって合流し、手錠は外したなどとしている。

…手錠とか勝手に外していいんだ。

日本テレビは、グエン容疑者の行方に関するこうした情報について群馬県警に提供しているが、この人物はグエン容疑者はすでに群馬県外にいるなどとして、詳しい居所については明かしていない。

…指名手配犯なんだけど、詳しい居場所は明かさなくていいんだ。

いやいや、なんと言うか。頑張って、群馬県警さん・・・。

9月2日:無事逮捕

※市のメールから

8月31日に大泉町で発生し、逃走中だった公務執行妨害の被疑者については熊谷市内において9月1日夜遅く逮捕されました。

熊谷で逮捕されたんですね。

今回、とんだ大騒動となりましたが、無事見つかってよかったですね。

当ブログを読んでいただきまして、誠にありがとうございます。このブログが、少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。また、もし少しでも共感することがありましたら、また読んでいただければ幸いです。私も、読んでくれる方が多くなると、ブログを更新するモチベーションにも繋がりますm(__)m

この記事を書いている人のプロフィールはこちら → 川口浩治プロフィール
書いた本はこちら → 書いた本


また、ソーシャルメディアでも情報配信させて頂いております。以下のボタンにてフォローいただければ最新情報をご確認いただけます。





【運営者提供サービスのご案内】

電子書籍出版代行サービスバナー
オウンドメディア構築サービスバナー画像

【スポンサードリンク】


コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)